歯並びは綺麗な方が良い

歯科矯正

歯の矯正を考えた時、多くの人は歯に金属のブラケットを付けワイヤーで引っ張ると言ったイメージを持つと思われます。前歯から見えるこの矯正装置はとても大変そうに見えて、出来るなら矯正は避けたいとなってしまうのではないでしょうか。また過去においては歯並びが多少悪くても特に問題視されないことも多く、かえって八重歯などが可愛いと言ってもてはやされたこともありました。しかし歯並びが悪いことは人の体にとって決してよいものではなく、虫歯や歯周病の原因にもなってしまいます。歯と歯の間に余計な隙間が出来たり、不自然な隙間になったりしてしまうことで、歯磨きが上手く出来ないと言うことになってしまいます。そんな歯並びが悪いことで悩む人は、出来れば目立たない方法での矯正を考えると思われます。

歯の裏側だけに装着する方法

歯科治療

目立たない歯の矯正方法には、裏側矯正と言うものがあります。この矯正方法はマルチブラケットと言われる装置を歯の裏側だけに行い、歯並びを綺麗にする方法です。歯の裏側に付けることで口を開けても気が付ないことが多く、矯正していることをあまり知られたくないと考える人には最適な方法となっています。また特徴として歯の全面で行うブラケットに対しワイヤーの長さが短くなることから、弱い力でも矯正が進みことになり患者さんが感じる辛さは、抑えることが可能になります。ただこの時問題になるのが、ガムとかキャラメルを食べると装置についてしまい、取りにくくなってしまうことがありますので注意が必要になります。粘着性のある食べ物には、十分な配慮をして食べることが必要です。

マウスピースを咥える方法

歯科治療

今人気となっている歯の矯正方法に、透明に近い色のマウスピースを咥えるものがあります。従来のブラケットとワイヤー矯正とは違い、目立たないことが最大のメリットとなっています。また笑顔の必要な仕事に就く女性にとっても、非常に嬉しい矯正方法になり、大人になってからの矯正にも取り組むことが楽になって来ています。マウスピース型の良さは目立たないと言うだけでなく、硬い装置を付ける必要がないことから口の中の保護が簡単になると言うことはあります。硬い装置を付けた時には、粘膜などを傷付けてしまうこともありますが、このマウスピースではその心配もいりません。更にマウスピース型の良さは、金属アレルギーの人は最適と言うことになります。金属製のものを一切利用しないことも、口の中の違和感を少なくしてくれることになります。目立たない良さがあるマウスピース型ですが、取り外しが自分で出来ると言うことがあります。しかし一日19時間は装着する必要があり、寝ている間も外すことは出来ません。そのため歯ぎしりの強い人には、不適格な場合も出て来ますので注意が必要です。

広告募集中