HOME>アーカイブ>取り外しの出来る矯正方法は虫歯予防にもなる

歯並びを綺麗にして健康な体作り

マウスピース

東京で行う歯科矯正は出っ歯とか凸凹で歯並びの悪い人たちに対し、噛み合わせを良くする治療を指します。八重歯が可愛いと言われた少女時代も、大人になるにつれ噛み合わせが悪く健康にも良くない体となってしまいます。歯並びが悪いことで虫歯や歯周病を予防したり、口臭の予防にも繋がるものですが、顔の形を綺麗にみせることになる治療方法と言って良いのでしょう。矯正装置にはワイヤーで修正したインビザラインのようなりマウスピースを咥えると言った方法が行われており、これら装置を使用することで歯やアゴの位置をずらしながら綺麗にすることになります。但し虫歯治療とは違い保険治療にならないことで治療全てが自費となるため、患者さんにとっては大きな費用負担になると言うことが考えられます。

矯正方法の種類を知る

東京都内で行われている矯正方法は、大きく分けて3種類あります。一般的な方法で知られるのが歯にブラケットと言われる金属を付け、そこにワイヤーで引っ張る方法でワイヤー矯正と言われています。同様にワイヤーで引っ張ることになるのですが目立たないようにするために、歯の裏側だけに装置を付ける方法が、裏側矯正です。そして今、流行りの方法となっているのがマウスピースを咥えるだけで矯正が出来るマウスピース矯正があり、その代表的なものにインビザラインがあります。

透明だからわかりにくい

東京都内で行うインビザラインの良さは、たくさんあります。まずマウスピースを咥えているだけで、歯の矯正が出来ることになると言う非常に簡単方法と言うことです。マウスピースと言うことから外すことも出来、口の中を清潔に保つことが出来る上虫歯予防にも繋がります。そして透明なマウスピースであることから、矯正をしていることが判りにくい良さがあり、接客などの仕事をしている人にとっては嬉しい矯正方法と言えるのでしょう。

広告募集中